セフレ募集にうってつけの方法

「セフレ」とはいうまでもなく「セックス・フレンド」の省略形だ。
「肉体の快楽のみを目的とした関係など、本当の友人関係とはいえない」という考えは、
21世紀の現代にはもはや通用しない過去のものになった。

そもそも、肉体関係のみを特別視し、結婚を前提とする特定の男女同士にしか認めないという
思考自体に無理があるのだ。
将来的には性の開放がさらに進み、「ちょっと食事に行く」と同じ感覚でベッドを共にするという
友人づきあいが当たり前になる時代がやって来るかもしれない。

したがって、好んでセフレになる女性たちは、ある意味では最も時代の最先端にいる存在だ、
ともいえるだろう。
男女間のコミュニケーションには様々なシチュエーションが存在するが、セックスをその中のひとつ
と割り切って付き合おうとする女性は、セックスの歓びを純粋に追求したいだけであり、
それだけに旧弊な倫理観に縛られたままの女性たちよりも、はるかに魅力的に映るものだ。

旧い道徳概念の呪縛に苦しんできたのは、男性よりも女性だっただけに、性的に解放された女性
というものは、時として男性側が想像もしない大胆な行動に出る場合さえある。

彼女たちは「自分は単なるセフレである」と割り切っているだけに、相手の男性のプライバシーに
干渉することもないし、普通の恋人のように男に甘える仕草を見せることもない。
つまり、彼女たちは普通の女性たちよりも、少なくとも性の部分では、精神的に自立している存在
であり、性的に開放され自立していることが、真のウーマンリブを体現することにも直結するだろう。

時代の最先端を行くセフレの女性たち。
彼女たちが魅力的なのは当然であり、必然的なことなのだ。

そして、そのような魅力ある女性たちが集う場が「無料セフレサイト」であり、そこでは、学歴や
家柄や職業などには全くこだわらない、そして何の偏見も持っていない、ただ純粋に男性との
身体のふれあいを求めている女性たちが、あなたのアクセスを心待ちにしている。

さあ、出会いの扉を開けてみよう。
それは、魅力あふれる女性たちとの、めくるめく官能の世界につながる扉なのだ。

好みのセフレを明確にしよう

通常の出会い系サイトでメル友や恋人、結婚相手を探すのと同じように、あなたがどのような相手を求めているのかを明確にすることは非常に大切です。

どんな相手であるかを明確にすることで、そんな条件に該当する人はあなたにメッセージを送ったりしやすくなるのです。

そして同時に該当しない相手とのやり取りで時間を無駄にすることもなくなりますし、「メル友を探してたんですけど」と途中で言われ、がっかりすることもありません。

セフレといっても色んなタイプがあります。あなたが経済的にゆとりがあり、援助目的の相手、逆援助目的の相手でも良いと言うならそう指定するべきでしょう。

また神待ちと言われるような家出少女を対象とするのならそう明確にプロフィールや掲示板への書き込みの中で指定しておくべきです。

また人妻であったり、OLであったり、相手は様々なので、誰でも良いというのではなく、相手を指定すれば向こうとしてもアプローチしやすくなるでしょう。

実際にセフレが出来た時に、たとえば自分の仕事やライフスタイルとは合わない相手であるかもしれないのです。
たとえば特に何も考えず学生のセフレを作ったとして、あなたが企業に勤めているのであればなかなか会うことも難しいかもしれません。

そうなってしまってはせっかくセフレが出来ても意味がありませんからね。自分に合う、職業であったり、年代の相手をセフレとして選ぶ方が、あなたにとって負担は少ないでしょうし、関係は長続きするのではないでしょうか。

実際にあってセックスするには

「無料セフレサイト」を初めて利用するビギナーにとって、理想の相手とのいい出会いを
思い描いて心ときめくものがあるだろう。
ただ、どうせ利用するなら、より効率的に早く出会いを実現させたいし、遠回りや詐欺に
遭うことは絶対に避けたいところだ。

それでは、「無料セフレサイト」への登録から出会いまでの手順とその過程での注意点を
挙げてみることにしよう。

まずサイト選びであるが、ネットの口コミサイトなどを利用して、間違っても徳業者のサイトには
近づかないように注意しよう。

サイトが決まったら最初は「仮登録」となる。
仮登録すると自分のメルアドに運営側から登録手続のメールが送られてくるので、その指示に
したがって本登録をする。

本登録のあとは、自己のプロフィールを書くことになるが、このプロフィールの作成が成功の鍵を
握っているといっても大げさではないくらい大切なのだ。
相手の立場に立って、相手の関心をひく内容のものにしなくてはならない。
自分の個性と長所を、いかにうまく伝えるかがポイントとなる。
じっくり考え、十分に推敲して書き込もう。

プロフィールが書き終わると、次はサイトの「掲示板」を閲覧してみよう。
この「掲示板」で気になる相手がいたら積極的に書き込んで相手の反応をみてみよう。
これが出会いにつながる道となる。

この道を、実際の出会いの場へと導かれる道にするには、優しく思いやりのある会話で、相手の
気持ちをこちら側に引きつけることが、なにより大切だ。
優しく丁寧で紳士的な語り口は、相手に良いイメージを抱かせる結果となる。

もちろん、ただ優しい言葉遣いなら全てがうまく行くというわけではない。
相手にとって心が和む語りかけや、ユーモアとウイットに富んだ話題を中心に、おもしろおかしく
相手が楽しくなるような話題づくりを心がけて実践することが求められる。
そうすることで、相手は「一度会ってみようか」という気持ちに次第に傾いていくものだ。

相手との楽しい「言葉のキャッチボール」ができるようになってきたら、出会いのゴールはもうすぐ
目前に迫っている。
相手の気持ちがいい方向に傾いてきたと感じたなら、そこでとっておきの「殺し文句」を発してみよう。
それまでのいきさつから、きっと相手はオチるはずだ。

出会うまでの「言葉のキャッチボール」は、あくまでもネットの仮想空間上でのやり取りではあるが、
相手には、素晴らしい具体的イメージを抱かせるような言葉のやり取りを心がけるようにしよう。

定期的な連絡で長期セフレに

どんな関係でもそうですが、ある程度こまめに連絡を取り合っていないと続かないものです。すごく仲良かった友達でも何十年も連絡を取っていなかったら他人になってしまうことだってありますよね。

セフレの関係にしても同じことです。もし気に入った相手なのであれば、頻繁に会えないとしても、やはり時々連絡を送り、関係を維持しておくことが必要でしょう。

せっかくセフレの関係になれたのですから、そういう出会いは大切にしておきたいですよね。

セフレの関係というのは恋人のそれとは違い、お互いを拘束するような権限はありません、当然のことながら。
それゆえ同時に何人ものセフレを持っている人もありますし、セフレからセフレへと乗り換えるような人も少なくありません。

それでも一度セフレの関係となったのなら、ある程度こまめに連絡を取り合っているのであれば、久しぶりに会ってセックスするというのも可能なことです。

長々と文章を送る必要はないでしょう。「元気にしてる?」とか「最近こんなことして過ごしてます」といった近況報告程度でも問題と思います。

肝心なのは「忘れてないよ」ということを相手に伝えることではないでしょうか。

たかがセフレと思うのではなく、ひとりの友達として見るというのも大切なことかもしれません。

またそういう気持ちで向かい合うことで長期的な関係を維持することが出来ると思いますし、久しぶりに会ってもまた気持ちも盛り上がり、親密な時間を過ごせるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする